« ぼくのともだち | Main | 体重93.4kg »

ごあいさつ

 メインページの「杉江松恋は反省しる!」10月1日の記述で報告したとおり、私は糖尿病に罹患している。
 今夏の猛暑のせいかウイルス感染し、急性咽喉頭炎を患ったのが8月半ば。町医者は「扁桃腺が腫れている」と繰り返して痛み止めと抗生物質をくれるばかりでらちが明かず、近所のT大学病院の門を叩いたのが8月14日でした。その際に血液検査を受け、血糖値250、ヘモグロビンA1c7.5%との結果が出たのであった。

「立派な糖尿病患者です」

 というのが糖尿病内科のI先生の第一声。後で知ったのだけど、渋る患者の未練を断ち切るため「完璧な糖尿病です」とか「間違いなく糖尿病です」といった断言をするのが一般的みたいである。そうではないとずるずる治療を引き延ばして病状を悪化させてしまう危険があるのだろうね。

 診断結果は2型糖尿病。1型は膵臓のインシュリン分泌機能が失われていて、インシュリン注射を必ずしなければならない人、2型は機能はあるものの低下しているか、身体のインシュリン感受性が落ちていてうまく働いていない人。2型のほうが圧倒的に多く、9割以上の糖尿病患者がこちらである。そんなわけで8月17日から教育入院をして糖尿病生活の基本を習い、退院後は投薬と食事・運動療法を行っている。糖尿病は「治る」病ではなく、一生つきあっていかなければならないものなので、この生活がずっと続く。療養生活というよりは生活を根本的に改めてしまったようなものなのである。入院前の私といえば、暴飲暴食というか鯨飲馬食というか、本能の赴くままに飲み食いしていたので、この状態は非常に辛い……


 のかと思いきや、意外と平気なんだな、これが。

 こちらのブログでは、気楽な糖尿病生活関連のあれこれを記録していくつもりです。ミステリーとか、出版業界のお話はしませんので念のため。

|

« ぼくのともだち | Main | 体重93.4kg »

Comments

It is perfect time to make some plans for the future and it is time to be happy. I have read this post and if I could I want to suggest you few interesting things or advice. Perhaps you can write next articles referring to this article. I want to read more things about it!

Posted by: free music downloads | April 04, 2015 at 03:44 AM

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/61260/16876517

Listed below are links to weblogs that reference ごあいさつ:

» 妊娠時期の糖尿病 [糖尿病予防と付き合い方]
妊娠している最中に糖尿病?と思われるかもしれません。しかし、それほど驚く話しでもなく、妊娠糖尿病とは、健康体の妊婦が妊娠時にかかると言われる、軽い糖代謝の異常の糖尿病です。もちろん妊娠時期の糖尿病ですので、出産が終われば症状は消えていきます。しかし、糖尿病の人は、シッカリとした、血糖値のコントロールが必要となります。ここは通常の糖尿病の方と同じですね。妊娠出産を決めたときから、お医者さんとしっかり相談しなが... [Read More]

Tracked on October 27, 2007 at 01:22 PM

» 糖尿病性網膜症症状と治療時期 [糖尿病 自分は大丈夫ですか?]
なんと言っても糖尿病性網膜症の怖いところは、目が痛む、かゆい、かすむなどの自分での自覚がない、疲れているのかな?位の判断をしてしまい、進行・発症と進んでしまうところだと思います。昔、勤めていた広告代理店の社長さんは、なんの前触れも感じさせていなかったのに、視力を失ってしまったのです。すぐに病院でレーザーによる治療をして、車を運転が可能なくらいの視力まで回復させました。もともとウエイトリフテ�... [Read More]

Tracked on October 27, 2007 at 06:31 PM

« ぼくのともだち | Main | 体重93.4kg »