« (1/19)1/24海堂尊さん&「このミス」大賞作家講座の件 | Main | (1/21)エア »

(1/20)第二回世界バカミス☆アワード候補作

 昨日は、都内某所で第二回世界バカミス☆アワード公開選考会のための事前打ち合わせを行った。

 先日行われた予備投票で決定した一次候補作は以下の通り。あなたの読んだ作品は入っていましたか?
=================
(作品リスト・タイトル五十音順)
 倉阪鬼一郎『紙の碑に泪を』(講談社ノベルス)

 鳥飼否宇『官能的 四つの狂気』(原書房)

 恩田陸『きのうの世界』(講談社)

 スティーヴ・ホッケンスミス『荒野のホームズ』(ハヤカワ・ミステリ)

 スティーヴン・ハンター『四十七人目の男』(扶桑社海外ミステリー)

 東山彰良『ジョニー・ザ・ラビット』(双葉社)

 ポール・クリーヴ『清掃魔』(柏書房)

 飛鳥部勝則『堕天使拷問刑』(早川書房)

 ジェイムズ・パウエル『道化の町』(河出書房新社)

 Anonymous『The Book With No Name 名もなき書』(PHP)

 アンドルー・クルミー『ミスター・ミー』(東京創元社)

 ドゥエイン・スウィアジンスキー『メアリー-ケイト』(ハヤカワ・ミステリ文庫)

 マイク・ハリスン『揺さぶり』(ヴィレッジブックス)
===================
 このうち五作がアワードの最終候補作となる(どれが選ばれたかはまだ秘密です)。

 投票権を持つのは、一月二十五日に青山ブックセンター本店会場に来られる観客のみなさんである。
 パネラーのプレゼンテーションを聴いて、もっともおもしろい、読んでみたいと感じた作品に票を投じていただく。
 どの作品が票を集めるのか、今から楽しみである。

 授賞側の本音を言ってしまえば、『名もなき書』が賞を獲ってしまうのがいちばん大変なのである。なにしろ作者が匿名希望だしなあ。でも仕方ない。何が起こるのかわからないのがバカミスの世界なのだ。
=========================

世界バカミス☆アワードの詳細はこちら

公開講座「海堂尊&「このミス」大賞作家の創作のヒミツ」の詳細はこちら

|

« (1/19)1/24海堂尊さん&「このミス」大賞作家講座の件 | Main | (1/21)エア »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/61260/43797865

Listed below are links to weblogs that reference (1/20)第二回世界バカミス☆アワード候補作:

« (1/19)1/24海堂尊さん&「このミス」大賞作家講座の件 | Main | (1/21)エア »