« (2/13)ぶつ切り | Main | (2/17)合評 »

(2/16)学校漬けの週末

 昨日は小学校の音楽会だった。終了後、新旧PTA役員の顔合わせを行い、新役員は写真撮影へ。新年度の広報誌に載せる写真である。

 その後、給食をいただきながら学校評価発表会に参加。今の小学校には学外の評議員がついていて、学校運営に対して助言を行うことになっている。一年に一回、そのまとめがあるので私もお呼ばれしたのである。子供が在校している保護者は利害関係があるので評議員にはなれないのだけど、PTA会長ということでこの日だけは参加するのだ。校長・副校長と懇談しながら一時間半。いつ話しても思うが、さしたる問題もなく平和に運営されている小学校だ。

 問題があるとすれば、来年度からの体制。平成二十三年度から指導要領が変更されて、授業内容が増加する。そのため、一時間ずつ授業時間を増やし、二年間で新指導要領に備えるのだ。中学年以上は毎日六時間授業になる。冬などは、授業が終わったら午後四時過ぎだ。すぐ日没である。外遊びもへったくれもないだろう。今の子が外で遊ばない、なんてしたり顔で言う人は、この状況を考えてもらいたい。遊ぶ時間がないのである。

 土曜日の半日授業は、復活させるべきである。平日の六時間目に空きを作り、子供の自由になる選択肢を与える。塾に行ってもいいし、校庭に居残って遊んでもいい。とにかく、一日一日が授業でぎゅうぎゅう詰めになってしまう状況を打破すべきなのだ。

 先生方にとっても、平日が毎日六時間授業になる体制は歓迎すべからざる事態のはずである。今の小学校教員は、研修や会議など、授業以外の用務で拘束される時間が長くなっている。だから、放課後に子供と遊ぶ余裕がある先生などいないのだ。いるとしたら、自分の休憩時間を削って無理をしているはずである。言葉は悪いがサービス残業だ。負担が続けば、心身へのダメージは蓄積する一方だろう。そんな疲れた状態の先生に、私は子供を預けたくない。先生も子供も気の毒だ。

|

« (2/13)ぶつ切り | Main | (2/17)合評 »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/61260/44079912

Listed below are links to weblogs that reference (2/16)学校漬けの週末:

« (2/13)ぶつ切り | Main | (2/17)合評 »