« (2/21)アンソロジーのお仕事 | Main | (2/23)雨の月曜日 »

(2/22)ナンプレファン

 原稿を書いたナンプレファンの4月号が到着。今回の「より道ミステリー」で採り上げたのは、辻村深月『太陽の坐る場所』である。別に意識してこの作品にしたわけでもないのだが、原稿を書いた直後に作者本人にお会いしたのがおもしろかった。

 この連載は、数字パズルファンの読む雑誌という媒体の性格を考えて「パズラー」という要素を重視した作品を採り上げている。気に入った作品がなかなか見つからなくて、いつも〆切ぎりぎりまで悩まされている。今回も、採り上げようと思った作品を何冊か没にした後で本書にたどり着いた。もう時間がなかったため、祈るような気持ちで本を取り上げたものである。ごく普通の青春小説展開なので序盤はハラハラさせられたが、作者は最後にちゃんとやってくれた。ありがとう。連載に穴を開けないですみました。

 メインの作品のほかに「この本を読んでおもしろかった人はコレ」という一作と、パズルを題材にした作品をそれぞれ一つずつ採り上げることになっている。今回はフレッド・カサック『殺人交叉点』と有栖川有栖『孤島パズル』である。ああ、なるほど、と読んでいる人は思うはず。


|

« (2/21)アンソロジーのお仕事 | Main | (2/23)雨の月曜日 »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/61260/44143372

Listed below are links to weblogs that reference (2/22)ナンプレファン:

« (2/21)アンソロジーのお仕事 | Main | (2/23)雨の月曜日 »