« (2/26)朝令暮改とはこのこと | Main | (2/27)スカイ・イクリプス »

(2/26)天狗党の納豆蔵か

 昨日はミステリマガジン新編集長の就任祝いに参加してきた。90人近くの人が詰めかけ、中には小鷹信光さんなど、業界の大御所のお顔も。会場になった新宿某所の酒場は決して狭い店ではないのだが、さすがに過密状態であった。窒息するかと思いました。

 田口俊樹さんのスピーチが可笑しかった。田口さんは翻訳学校で講師の仕事もなされているのだが、そこにゲストとして新編集長を招かれた。新編集長は、田口さんがミステリマガジンで初めて訳した短篇を持ってきたそうである。気の利いたことをしてくれるなあ、と感動している田口さんと、お弟子さんたちの前で一言。

「田口さんでさえ最初のころはこんなに下手だったんですから、みなさんもがんばれば巧くなります」

 って、おい。

 そんな脇の甘い(が人望は厚い)編集長の指揮の下、ミステリマガジンは再スタートを切りました。これからどのように誌面が変わっていくのか、楽しみである。みなさんも買って読んでね。

|

« (2/26)朝令暮改とはこのこと | Main | (2/27)スカイ・イクリプス »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/61260/44181875

Listed below are links to weblogs that reference (2/26)天狗党の納豆蔵か:

« (2/26)朝令暮改とはこのこと | Main | (2/27)スカイ・イクリプス »