« (6/29)さらに | Main | (6/29)新人賞関連 »

(6/29)ジョン・グリシャム新作

 新潮文庫から出た『謀略法廷』の解説を書いた。翻訳者は、新潮文庫ではいつも通りの白石朗さんである。企業に対する懲罰的賠償請求を扱った裁判小説で、後半以降の展開がグリシャムらしいというか、リーガル・スリラーの域を超えた全体小説になっている。骨太の内容なのに、実に読みやすい。単純におもしろい本が読みたい、という方にお薦めします。


|

« (6/29)さらに | Main | (6/29)新人賞関連 »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/61260/45490348

Listed below are links to weblogs that reference (6/29)ジョン・グリシャム新作:

« (6/29)さらに | Main | (6/29)新人賞関連 »