« (9/12)過去よさらば | Main | (9/14)柄にもない一日 »

(9/13)日本ミステリー文学大賞に泡坂先生を!

 光文社シエラザード文化財団から手紙をいただいた。
 毎年恒例の日本ミステリー文学大賞の候補者推薦用紙である。要項によれば、「すぐれた小説・評論等の活動を通して、わが国のミステリー文学に刺激を与え、その進歩向上に貢献した、現存する作家および、評論家個人」に贈られるもので、これまで佐野洋、中島河太郎、笹沢左保、山田風太郎、土屋隆夫、都筑道夫、森村誠一、西村京太郎、赤川次郎、夏樹静子、内田康夫、島田荘司の各氏が受賞されている。また、特別賞が鮎川哲也氏に。これはたしか物故のタイミングが悪く、授賞が間に合わなかったのではなかったかと記憶している。

 基本的に「現存する作家および、評論家個人」が授賞対象なのだが、「但し、過去一年以内に物故された方も賞の対象とする」とある。この但し書きは以前にはなかったように思う。

 毎年投票をしているので、今年も一票を投じたい(選考は十月十九日で、阿刀田高、逢坂剛、権田萬治、森村誠一の各氏が選考委員を務められるそうである)。今年は、泡坂妻夫先生に投票するしかないだろう。お亡くなりになったのは今年の二月三日で「過去一年以内に物故」の条件にもぴったり当てはまる。日本推理作家協会に所属されている方はたぶん投票権をお持ちだと思うのだが、推薦用紙に記入される際にはぜひご一考をお願いします。

 記念すべきデビュー作を収めた作品集。

 今年刊行された某話題作に影響を与えた一作。

 最後にお目にかかったのは、この作品に関する回顧インタビューで自宅に伺ったときだった。


|

« (9/12)過去よさらば | Main | (9/14)柄にもない一日 »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/61260/46197938

Listed below are links to weblogs that reference (9/13)日本ミステリー文学大賞に泡坂先生を!:

« (9/12)過去よさらば | Main | (9/14)柄にもない一日 »