« (9/27)歌野晶午さんの文庫解説 | Main | (9/29)翻訳ミステリー大賞シンジケートについて »

(9/28)波

 新潮社のPR誌「波」をいただいた。
 今月の新潮文庫新刊『レポメン』の書評を書いたのだ。作者はあのエリック・ガルシア。
 ガルシアといえば、恐竜が人間の皮をかぶって現代に生き残っているという、素晴らしき設定のSFミステリーを書いた人だが、これも近未来SF小説である。人工臓器移植の技術が発達し、誰もがクレジット払いで手術を受けられるようになった時代。支払いが滞った者から、借金のカタに人工臓器を取り上げる仕事をするのがレポメンだ。取り上げられた人間はどうなるって? 知らないね。金を返さなかった奴が悪いんだ。

 金がなければ腎臓を売れ、とは脅した社員がいた金融は日栄だったか(『ミナミの帝王』を参考にした、というのは事実なのか)。それ以上に非情な物語が、渇いた笑いとともに語られます。主人公がやたらと女にだらしない男に設定されているのも、またよし。『馬鹿まるだし』と『キャッチ22』が合体したような物語である。


|

« (9/27)歌野晶午さんの文庫解説 | Main | (9/29)翻訳ミステリー大賞シンジケートについて »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/61260/46335605

Listed below are links to weblogs that reference (9/28)波:

« (9/27)歌野晶午さんの文庫解説 | Main | (9/29)翻訳ミステリー大賞シンジケートについて »