« (10/16)ミステリーズ! | Main | (10/20)週刊SPA! »

(10/19)業務連絡

 先週の〆切ラッシュを切り抜け(一日に原稿用紙換算で三十枚ぐらい書いた日もあった)、なんとか週末を迎えた途端に、高熱を発して床に就いた。すわ、新型……ということで家族からは隔離してもらい、三階の布団で寝たきり生活である。病院に電話してインフルエンザの検査をしてもらおうと思ったところ、発熱後六時間経たないと陽性かどうかの判断がつかないという。仕方ないので、六時間寝て過ごす。ものすごく辛かったのだが、これが終わればタミフルタミフルとそれだけを心の支えにして乗り切った。
 午後四時、三十九度の熱を押してタクシーで病院へ。なにしろタミフルのためである。具合悪くなりながらも検査を受け(あれはちょっと涙が出る)、十分待って結果を教えてもらったところ、医者が意外な言葉を。

「陰性ですね」

 聞けば発熱から六時間ではなく十二時間経たないと結果が出ない場合もあるという。せ、せっかく来たのに。泣く泣く頓服だけを貰って帰宅。体調は依然として最悪で、頓服を飲んでも八度台からは下がらない。一晩寝て、朝一番で医者に行こうと決め、就寝。

 発熱二日目。熱は少し下がって八度台ぎりぎり。しかし頓服は飲んでいるわけで安心はできない。というわけで再び車上の人になって病院へ向かった。二度目の検査(やはり涙が出る)を終えた医者の言葉は、

「陰性ですね」

 ととということは、やはりタミフルはもらえないわけですか。本当なら喜ぶべきことなのだが、一発で治る薬がもらえないとなると、がっくりきてしまう。やむをえず抗生物質を貰って帰途についた。

 そして発熱三日目。本日。おお、喉の痛みが引き気味で、熱も七度台を割るくらいまで落ちた。医者の言うことは信用するものである。検査の結果というのはやはり正確だ。そんなわけで今日一日安静にしていれば、体調は回復すると思います。もろもろご心配、ご迷惑をかけておりますが、もうちょっとだけご勘弁を。

|

« (10/16)ミステリーズ! | Main | (10/20)週刊SPA! »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/61260/46524978

Listed below are links to weblogs that reference (10/19)業務連絡:

« (10/16)ミステリーズ! | Main | (10/20)週刊SPA! »