« (11/11)三津田信三さんとのトークセッション | Main | (11/13)新宿警察 »

(11/12)シンジケートは呟く

「翻訳ミステリー大賞シンジケート」事務局がTwitterで更新情報を流し始めたようである。ID(で合ってるのかな?)はHonyaku_Mystery。Twitterを使われている方は、よかったら見てみてください。私は個人でTwitterを使わない方針なので、こちらの更新投稿にはあまり関われないと思います。

 以前にこの日記で、Twitterに代表されるつぶやきツールについて、推敲しない文章を人目に晒すことに対する疑念を持っていることを表明した。あのあと某氏から、「未推敲の文章を人に読ませる行為は、ツールではなくて、書き手の問題なのではないか。ブログだって、そういう垂れ流しの文章を書けるわけじゃん(大意)」というご指摘をいただいた。それはその通りである。Twitter利用者を批判しているように思われたら申し訳ない。お詫びします。

 書き手の意識の問題なのである。内から発したものをどこかに届けようとする思いが文章を書くための動機である。「届け」と思い、届かせるために最善を尽くす。だが、どこまでいっても「届いている」という思いは自己の幻想でしかなく、本当のところはわからない。届いていると思いこんでいるだけの話で、実はどこにも届かないものを書いているのかもしれないのだ。恐ろしいことである。だが、恐ろしさを自分で引き受けなければならないとも思う。今こうして書いているものが自己の幻想の内壁に投げ当てている礫にすぎないのか、いつかは誰かから返されるキャッチボールであるのか、確かめる術のないままにただ最善を尽くしながら「届け」と念じ、文章を綴るしかない。つながっているという幻想に逃げ込んじゃだめだ。それは自分を弱くする。そうした自戒が、書き手には必要なのだと私は信じている(だから、最初から配信だけが目的で諸ツールを利用するというのは、正しいあり方なのだとも思います)。

 昔ホームページを設置したてのころに、福井健太氏から「杉江さんはネットに期待しすぎ。反響を期待しちゃだめですよ(大意)」と言われたことがある。そのことが自分の中でどこかにひっかかっている。インタラクティヴ、という理想に、私もやはり踊らされていたのだ。機能としてはレスポンスを期待できるツールだが、礫は礫である。そのことを忘れてはいけない。礫はもろかったら、当たった先で崩れる。雪の礫を投げ返してくれる人間はいないのだ。せめてしっかりと固めて、万分の一でも受け止めて放り返してくれる礫を作らなければいけないと思う。

 会社員時代、普及し始めたインターネットが職場の環境をどう変えていくのか、情報通信系の研究員に聞いたことがある。「インターネットが実現するコミュニケーションで、仕事の効率は上がるんですか」と聞いた私に、その研究員は言った。「いや、みんながネットを見だして怠けるから、むしろ落ちると思います」。そのことを思い出した。根は同じことである。道具は変わっても、使う人は同じ。作るものも同じ。一人で淋しいことも変わらない。

 

|

« (11/11)三津田信三さんとのトークセッション | Main | (11/13)新宿警察 »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/61260/46742561

Listed below are links to weblogs that reference (11/12)シンジケートは呟く:

« (11/11)三津田信三さんとのトークセッション | Main | (11/13)新宿警察 »