« (11/5)初心者のための作家入門講座 | Main | (11/10)今年も闘います »

(11/6)文庫解説

 東京創元社から見本をいただいた。
 あのアントニー・バークリーの名作『毒入りチョコレート事件』の解説を書かせてもらったのである。創元推理文庫が存続する限りは、おそらく消えることがない作品であるだけに緊張感も一入。気合を入れて書いたので、初読の方もそうでない方も、どうぞご覧になってみてください。


|

« (11/5)初心者のための作家入門講座 | Main | (11/10)今年も闘います »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/61260/46688000

Listed below are links to weblogs that reference (11/6)文庫解説:

« (11/5)初心者のための作家入門講座 | Main | (11/10)今年も闘います »