« (3/15)たいへんなことになっている月曜日 | Main | (3/17)日本ミステリー文学大賞の贈賞パーティーに行ってきた »

(3/15)私にはよくわからない

 例の都条例改正の件について、本日正午より山口貴士弁護士が都庁記者クラブで会見を開き、その後午後二時からイベントを開くそうだ。記者会見・イベントともに所用のため参加はできないが、その内容については報道されるだろうから注意深く読むことにしたい。詳細は以下のとおり。

「東京都による青少年健全育成条例改正案と『非実在青少年』規制を考える。」

 タイトルに「よくわからない」と書いたのは、日を同じくして東京・秋葉原で日本を護る市民の会なる団体が抗議デモを開くと聞いたからだ。なぜ秋葉原? この団体のホームページを見てみたのだが、主張するところと抗議デモの趣旨とがどう結びつくのか本当にわからなかった。そもそも秋葉原でやることに意味があるのかという気もする。内容が内容だけに、興味本位にマスメディアに採り上げられてしまうのではないか。とりあえず私は、山口弁護士の主催するイベントの方に注目するつもりである。

 この条例改正の件については、よくわからない事態が噴出しつつある。反対派も賛成派も、意見を表明するのであればぜひ堂々と述べていただきたい。だが、それが自分の主張を押し通すだけの「べき」論や、相手の揚げ足を取ったり人格批判をするような不毛な論議になってしまうのであれば、とても不幸なことだ。冷静に、冷静に。

 前にも書いたが、私は性に関する表現の規制には基本的に反対する。以前に「表現に関して日本はおおらかすぎると思う。児童ポルノは規制されて然るべきだ」と書いたが曖昧だった。表現の規制には反対するが、それが流通することによって、被害を蒙る人が出るならば(見たくもないポルノを見せられてしまうなど)、予防措置が必要であると考える。それは表現規制ではなく、ゾーニングの問題だと私は考えているのだが、今回の都条例改正の前提として、そのゾーニングでは規制しきれていない分野がある、という見方があるのだと知った。何をどうすればいいのか、という具体案については自分で詰めきれていないので、さらに考えてみたいと思っている。また、こうした反対の動きが特定の出版社や、嗜好を持つ個人の利益を護るもののように思われることには違和感を覚えていて、それについてもなんらかの意志表明をしたいと考えている。いろいろ、考え中なのだ。みんな考え中って言うのを怖れないほうがいいと思う。大事なことなのだから、「まだ考えています」って言うのは恥ずかしくなんかない。「そんなこともわからないのか、この未熟者め」と揶揄されるかもしれないけど、実際未熟なんだから仕方ないやね。

|

« (3/15)たいへんなことになっている月曜日 | Main | (3/17)日本ミステリー文学大賞の贈賞パーティーに行ってきた »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/61260/47816605

Listed below are links to weblogs that reference (3/15)私にはよくわからない:

« (3/15)たいへんなことになっている月曜日 | Main | (3/17)日本ミステリー文学大賞の贈賞パーティーに行ってきた »