« (3/2)アンフェアだっていいじゃないクリスティーだもの | Main | (3/4)バカミス☆アワード最終候補作品投票の〆切は今日です »

(3/3)春風亭小朝という落語家のこと

 以前に故・古今亭志ん朝の弟子にインタビューをした本を読んでいたら、うちの誰かが(お名前失念)、「うちの師匠に稽古をつけてもらったことがないくせに、志ん朝の名前を利用している落語家がいる」「その落語家は自分の師匠のことはまったく話に出さない」という批判を始めてびっくりしたことがある。名指しこそされていないが、まあ、小朝だろうと思います。

 春風亭小朝という落語家は、大抜擢をうけて真打になったために先輩格の落語家から妬まれたり、大銀座落語祭を企画して席亭から批判を受けたり、とにかく攻撃されやすい人なのである。出る杭になっているということで、芸人としては結構である。まあ、それにしても悪く言う人は悪く言う。

 ちょっと気になったので二〇〇六年に出たインタビュー本『いま、胎動する落語』を読んでみた。それで判ったことがある。小朝は、わりと物言いが無防備なのだ。本人に悪気はないはずだが、人によってはかちんとくると思う。この調子で「俺の志ん朝が」みたいな言い方をしたのでくだんの落語家は頭にきたのだろうな。

|

« (3/2)アンフェアだっていいじゃないクリスティーだもの | Main | (3/4)バカミス☆アワード最終候補作品投票の〆切は今日です »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/61260/47712665

Listed below are links to weblogs that reference (3/3)春風亭小朝という落語家のこと:

« (3/2)アンフェアだっていいじゃないクリスティーだもの | Main | (3/4)バカミス☆アワード最終候補作品投票の〆切は今日です »