« (3/8)売れそうで売れない本 | Main | (3/8)これは熟読玩味すべき教えだ »

(3/8)大藪春彦賞と吉川英治文学新人賞の夜

 五日の夜は、東京・日比谷周辺に主要出版社の文芸担当者が集結していた。実に、濃密な一夜であった。桜田通り沿いで、文学賞関係の集まりがほぼ同時に開かれていたからだ。一つは、大藪春彦賞、日本SF大賞、日本SF新人賞の徳間文芸賞贈賞式、もう一つは吉川英治文学賞、同文学新人賞の選考会および記者会見である。その両方に関係していたのが、道尾秀介氏。第十二回大藪春彦賞を受賞するとともに、吉川英治文学新人賞の候補にも残っていたのである。実に引きが強い。

 結果は既報のとおりで、吉川英治文学新人賞は池井戸潤『鉄の骨』と冲方丁『天地明察』の二作が同時受賞を果たした。その報せを私が受けたのが午後五時半過ぎ、徳間の会場に向かっている途中だった。池井戸潤は慶應推理小説同好会の先輩なので、待機会場に詰めていた編集者が教えてくれたのである。幸か不幸か、これで道尾氏は両会場を往復する必要がなくなった。そうなっていたらおもしろかったけどね。

 その道尾氏の贈賞式二次会で見聞したことを少しだけ書く。前に日記でも書いたように、今回の大藪賞選評は、非常に厳しかった。厳しいが作品を的確に分析した、正当なものである。したがって、各委員が道尾氏に接する態度はまことに堂々としたものだった。「厳しいことを言ったが、道尾には嫉妬するほどの才能がある」とスピーチしたのがもっとも厳しい選評を書いた馳星周氏。選評で「わたしはガキをダシにした作品が大嫌い」と書いた志水辰夫氏は、選評を読んで反発されただろうがその怒りをバネとして選考委員を見返す活躍をしてもらいたい、という趣旨のことを述べたのである。こうでなくっちゃいけませんやね。

|

« (3/8)売れそうで売れない本 | Main | (3/8)これは熟読玩味すべき教えだ »

Comments

An impressive share! I have just forwarded this onto a co-worker who had been doing a little homework on this. And he actually bought me dinner due to the fact that I found it for him... lol. So allow me to reword this.... Thanks for the meal!! But yeah, thanx for spending some time to discuss this matter here on your web site.

Posted by: free music download for | February 26, 2015 at 02:41 PM

Please let me know if you're looking for a article author for your site. You have some really great posts and I feel I would be a good asset. If you ever want to take some of the load off, I'd love to write some material for your blog in exchange for a link back to mine. Please blast me an e-mail if interested. Regards!

Posted by: best eye Wrinkle cream | March 05, 2015 at 06:20 AM

Hello, always i used to check weblog posts here in the early hours in the morning, as i enjoy to learn more and more.

Posted by: minecraft games | March 26, 2015 at 07:28 PM

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/61260/47755895

Listed below are links to weblogs that reference (3/8)大藪春彦賞と吉川英治文学新人賞の夜:

« (3/8)売れそうで売れない本 | Main | (3/8)これは熟読玩味すべき教えだ »