« (5/18)三島賞と山本賞決定と推協への苦言 | Main | (5/21)今年何回目になるかは不明だが携帯電話を忘れ物中 »

(5/19)『粘膜兄弟』刊行記念トークイベント、やりますよ

 水面下で動いていたのだけど、ようやく発表できるようになった。来週、5月27日に東京・青山ブックセンター六本木店で飴村行氏のトークイベントを開きます。飴村氏が一般参加者の前で話すのはたぶんこれが初めてでしょう。お話が終わったあとはサイン会もあるので、ファンの方はお見逃しなく。もちろん5月25日に発売される第三作『粘膜兄弟』(角川ホラー文庫)の制作秘話についても根掘り葉掘りうかがう予定です。進行役は杉江松恋。

 詳細はコチラ。明日十時から予約開始ということです。

 以下は余談である。
 先日、飴村氏は『粘膜蜥蜴』で第六十三回の日本推理作家協会賞長編及び連作短編集部門賞を受賞した。この賞の同部門の選考対象となるのは、すでに著作が一作以上ある作家のみ。つまり第二作から資格が発生するのである。しかしこれまでデビュー二作目という最短コースで受賞を果たした作家は非常に少ない。賞の区分けが変更されて現在の形になってからは第五十三回の福井晴敏『亡国のイージス』以来二人目(十年ぶり)、長編賞といっていた過去でも前例は少なく、第四十九回の京極夏彦『魍魎の匣』の前はなんと第三十一回の泡坂妻夫『乱れからくり』までさかのぼってしまうのである。いかに稀有な例であるか、これでお判りいただけるはずだ。すげえな、飴村行。

|

« (5/18)三島賞と山本賞決定と推協への苦言 | Main | (5/21)今年何回目になるかは不明だが携帯電話を忘れ物中 »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/61260/48398786

Listed below are links to weblogs that reference (5/19)『粘膜兄弟』刊行記念トークイベント、やりますよ:

« (5/18)三島賞と山本賞決定と推協への苦言 | Main | (5/21)今年何回目になるかは不明だが携帯電話を忘れ物中 »