« (5/25)『日本のセックス』について、どこからか書評の依頼が来ると思っていたんだ | Main | (5/28)粘膜の夜 »

(5/25)早川書房のアガサ・クリスティー賞の募集要項が発表になった

 アガサ・クリスティー展について取材を受けた際に、早川社長がポロリと発言していた件だ。早川書房は、文芸誌を刊行する版元では実業之日本社やPHP研究所などと同様に自社の文学賞を持っていなかった出版社だが、これでついに自社から受賞作家を出せることになった。募集要項はこちら

 これを見る限りでは、プロ・アマを問わない新人賞というように見える。いろいろな新人賞の下読みをやっていて思うのだが、最近は応募者の中にプロ作家を見かけることが意外と多い。他社で本を出してもらえなくなり新人賞に賭けて、というケースだろう。アガサ・クリスティー賞に関しては、アマよりもプロにむしろ厳しく当たるべきだ。「ミステリーの女王」の名を冠した賞なのだから妥協することなく、満足のいく出来の作品がなければ、第一回でも受賞作なしというぐらいの厳しさで臨んでもらいたい。「このミステリーがすごい!」大賞がスタートダッシュに成功したように、素晴らしい作品が受賞作となることを祈ります。

 それと同時に、この賞と連動した企画を「ハヤカワミステリマガジン」誌上にも求めたい。この件に関しては「野性時代」や「メフィスト」のやり方が参考になるのではないか。早川書房の主催する賞なのだから、応募資格は「ミステリマガジンを一年間購読契約した人」にしてしまってはどうでしょうね。

|

« (5/25)『日本のセックス』について、どこからか書評の依頼が来ると思っていたんだ | Main | (5/28)粘膜の夜 »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/61260/48455403

Listed below are links to weblogs that reference (5/25)早川書房のアガサ・クリスティー賞の募集要項が発表になった:

« (5/25)『日本のセックス』について、どこからか書評の依頼が来ると思っていたんだ | Main | (5/28)粘膜の夜 »