« (6/25)傷つけられることを覚悟した者だけが前に出ろ | Main | (6/30)よおーこそここへなんとかかんとか(歌詞は忘れた) »

(6/28)戸川安宣さんの夢

 読めない本というものがある。人により、また本によって理由はさまざまだろうが、自ら読むことを封印してしまうのだ。山岸涼子の漫画が怖くて、庭に穴を掘って埋めた、と言っていたのは故・中島らも氏だったっけ。

 私の場合は、マーヴィン・ピーク『タイタス・グローン』(創元推理文庫)がその封印書に当たる。慶應推理小説同好会の大先輩である故・浅羽莢子氏の訳書でもあり、本当なら読んでおかなければならない本なのだが、今のところ手に取るつもりはない。

 本が出たのは二十年以上も昔のことである。私はまだ大学生で、慶應推理小説同好会に属していた。私の世代は宝島社「このミステリーがすごい!」の創刊に立ち会っている。第一回の投票時に、クラブを代表してアンケートに答えたのは私だ。国内版、海外版の両方に票を投じたが、今から見るとずいぶん変な作品を選んでいる。学生なりの自意識が働いたものだろう。

 それはさておき、「このミステリーがすごい」の一冊目が世に出た直後のことである。
 私は夢を見た。どこか遠い街を訪れる夢である。その街のはずれにはトンネルがあり、夜にそこをくぐってみたのだった。トンネルを抜けたところに街燈があり、まるで待ち構えていたかのように、二つの人影があった。一つは巨人。身長は軽く二メートルを超えるだろう。丸い眼鏡をかけていて、目の表情は読めない。その巨人からひょっこり生まれたように、もう一つの小柄な人物が立っていた。その人は、私の存在に気づくと、百年来の旧友に会ったかのような大袈裟な身振りをして、こちらに駆けてきた。そして大声で叫んだのである。
『タイタス・グローン』褒めてくれてありがとう、褒めてくれたのは君だけだ――
 その声を聴きながら、私はぼんやりと気づくのである。ああ、戸川安宣さんだ、と。

 夢の話終わり。現・本格ミステリ作家クラブ事務局長の戸川さんは、元・東京創元社社長である。私がその夢を見たころは、編集部でクロフツの未訳本などを精力的に出版しておられた。『タイタス・グローン』が戸川さんの手がけられた本かどうかは不明。たぶん違うのではないかと思う。そして私がこんな変な夢を見た原因も不明だ。だって『タイタス・グローン』なんて読んでいないのに! もちろん「このミス」でも票を入れていない。

 なぜかこの夢を繰り返し見た。私はほとんど夢を見ない人間なのだが、なぜだか繰り返し見た。いつも同じ情景。街はずれのトンネルに街燈、巨人。駆けてくる戸川さん。『タイタス・グローン』褒めてくれてありがとう。

 そんなわけで私は『タイタス・グローン』を読むのをやめた。本に呼ばれている気がしたからだ。もしかすると本を読むと何かが起きるのかもしれない。今のところ、それを知りたい気持ちはないのである。

|

« (6/25)傷つけられることを覚悟した者だけが前に出ろ | Main | (6/30)よおーこそここへなんとかかんとか(歌詞は忘れた) »

Comments

ううむ、不思議で不条理な夢ですね(夢はいつも不思議で不条理ですが、それにしても……)。では私がかわりに読んであげましょう。(笑)手に入るかしら。

Posted by: 狷介老人ぐらんぴ | June 28, 2010 at 11:48 AM

寝たにま焦れすでしたらお恥ずかしいですが…『タイタス・グローン』の担当は多分当時帆掛け船を一手に担ってた(らしい)H氏ではないでょうか。でも…その上司として戸川氏がいたであろうので、H氏は単に指示に従っただけという可能性もなきにしもですから…とすれば夢の声はやはりそうなのかもですね。因みにH氏は後年戸川氏のあとを継いで舎帖になったとのことですし…

Posted by: 狒狒 | June 28, 2010 at 11:49 AM

>狷介老人ぐらんぴ様

 ぜひお読みになってみてください! その方面には疎い私にはよくわからないのですが、ファンタジーとしては古典の域に入る名作であるそうです。でもどうしよう、私の代わりにぐらんぴさんに変事が起きてしまったら(妄想)。

Posted by: 杉江松恋 | June 28, 2010 at 05:52 PM

>狒狒様

 あー、挨拶の長いことで有名なHさんがご担当だったのですね。しかし、この夢を見た時点で、戸川さんにもHさんにももちろん面識はなく、文庫解説などで戸川さんのお名前を存じ上げている程度でした。夢のお告げであるにせよ、いったい何のためだったのか、不可解な思いです。

Posted by: 杉江松恋 | June 28, 2010 at 05:54 PM

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/61260/48741154

Listed below are links to weblogs that reference (6/28)戸川安宣さんの夢:

« (6/25)傷つけられることを覚悟した者だけが前に出ろ | Main | (6/30)よおーこそここへなんとかかんとか(歌詞は忘れた) »