« (6/28)戸川安宣さんの夢 | Main | (7/4)「幽」VOL.13をいただいた »

(6/30)よおーこそここへなんとかかんとか(歌詞は忘れた)

 昨日学校から帰ってきた子供がいきなり昼寝を始めた。といってもこの子供はいつも昼寝をしているのである。やめろと言ってもしている。もしかすると野比のび太なのかもしれないね。
 で、起こそうとしたのだが、もしかするとこれは覚悟の昼寝なのかもしれないと思いなおした。私は関心がないが、深夜になにやらイベントがあると聞いていたからだ。学校でそのことが話題になって、時流に遅れまいとテレビ観戦を目論んでいるのかも。親としては起こすべきか起こさないでおくべきか迷い、結局「東方永夜抄」をやりながら放置することに決めた。

 午後七時、まだ眠っている。三時間以上は寝ているので、いよいよ覚悟の昼寝かもしれない。そうこうするうちに親として子供に飯を食わせるべき刻限が迫ってきたので、三階の寝室に上がり、おそるおそる訊ねてみた。

「おーい、君はサッカーが観たいのか」
「……児童館に行く」

 はあ? 今はもう夜なんですけど。寝ぼけているのを起こして聞いてみると、児童館に行く前の一休みのつもりで横になったら眠ってしまったのだとか。ああ、のび太だ。でもせっかくだから児童館に行くのは翌日回しにして(もう閉まってるよ!)、今日はサッカーを観たいという。やはり学校で話題が盛りあがっているのだそうだ。

 そんなわけで子供は昨夜、深更までサッカー観戦だった模様。私はつきあっていないのでどうなったか知りませんが、ちゃんと最後まで観たようだ。おつかれさま。父ちゃんはね、「東方永夜抄」をクリアできたんだぜ、偉いだろう。そうか、眠いのか、そうか。今日は早寝したまえ。

 私はスポーツ全般がそれほど好きではないが(だから会社で雑談をするのが苦痛だった)、中でもサッカーについては別世界の出来事のように関心がない。子供の頃に「少年ジャンプ」を読んでも『キャプテン翼』だけは読まなかったぐらいである。あのつまらない『海人ゴンズイ』だってきちんと毎週読んでいたのにな、アチョプ! だって、みんな同じ顔をしていて、いつも走っている絵ばかりだから話がわからないんだもの。

 いちばんサッカーと近かったのは高校の頃で、同じクラスにいたサッカー部の男子とちょっと仲が良くて、原付に乗らせてもらったりしていた。試合を見にいったことはないけど。うちのサッカー部は基本的にちょっとお調子者が多いところで、文化祭のときには校内でローラースケートを履いて走り回り、おらおらこっちを向けオーラを出していた。当時人気があった光ゲンジに対抗して(対抗するな)「紫シキブ」という任意団体を結成し、ミス○○高校のイベントを主催していたのもたしかサッカー部だった。紫シキブかー、紫シキブ。大事なことなので二度言ってみましたが、今では四十代に差し掛かっているはずの彼らは、あの記憶とどう向かい合っているんだろう。高校時代のいい思い出みたいになっているのかも。だったらすごいな。ム・ラ・サ・キ・シ・キ・ブ!

 私のサッカーに関する思い出、以上。たぶん一生試合を通しで観ることはないと思う。あと『キャプテン翼』を読むことも。

|

« (6/28)戸川安宣さんの夢 | Main | (7/4)「幽」VOL.13をいただいた »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/61260/48756725

Listed below are links to weblogs that reference (6/30)よおーこそここへなんとかかんとか(歌詞は忘れた):

« (6/28)戸川安宣さんの夢 | Main | (7/4)「幽」VOL.13をいただいた »