« (7/20)「”この町の誰か”が翻訳ミステリファンだと信じて」で言い忘れたことを書いてみる | Main | (7/24)村崎百郎さん »

(7/21)金○を蹴っ飛ばされるような気分になる作家

 今週末に発売になる幻冬舎の詠坂雄二『ドゥルシネーアの休日』である。前作を読んで「うっへー」と思った人にも「うっしゃー」と思った人にも読んでみていただきたい。詠坂雄二初のエンターテインメント路線作品ではないかしら、これは。今月号の「ポンツーン」に載せてもらった書評はこんな出だしで文章を始めている。

 --詠坂雄二の作品を読むと、いつも女子高生に急所を蹴っ飛ばされたような気分になる。

 遠慮して商業媒体では急所と書いたのだけど、まあ金○のことです、○玉の。過去の詠坂雄二作品を読んで同じような気持ちになったことがある人は、ぜひ書評も読んでみてつかぁさい。

 あ、わざわざ見本誌を持ってきてくださった、幻冬舎のOさん、おつかれさまです。暑い中を悪かったですね。

 

|

« (7/20)「”この町の誰か”が翻訳ミステリファンだと信じて」で言い忘れたことを書いてみる | Main | (7/24)村崎百郎さん »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/61260/48935415

Listed below are links to weblogs that reference (7/21)金○を蹴っ飛ばされるような気分になる作家:

« (7/20)「”この町の誰か”が翻訳ミステリファンだと信じて」で言い忘れたことを書いてみる | Main | (7/24)村崎百郎さん »