« (10/21)ブックジャパン主宰者の考える「よい書評」 | Main | (10/25)インタビューで眠り、書評で目覚める »

(10/22)書評のあらすじ紹介って大変なので対策を考えてみた

 商売の手の内を明かすシリーズ(続くかどうかは未定)。

 商業原稿でも書き手によって考え方は違うと思う。書評のあらすじをどうするか、という問題である。たとえばあらすじをあまり書かないのが北上次郎氏。以前なにかの短篇集を紹介されたときに、ほとんどの文字数を使って一人の登場人物の肖像を丹念に描き、それだけで書評を終えたものがあった。それで不思議と、本のことを知った気分になったのである。もちろんそれは、小説の肝がその登場人物にあり、個々のエピソードについて書くよりも人物評のほうが有効な内容紹介になる、といった計算があってのことだろう。これは見事な技である。

 自分自身では小説の書評の場合は、内容紹介の中でなるべくあらすじを書くようには心がけている。しかし鉄則ではなくて、もっといい方策があったらそれを選ぶ場合も多い。要は、作品の要素のどこを切り出すかという問題であり、書評者は自らの責任において毎回選択を行わなければならない。書評者の中には選択肢を固定している人もいるが、私はそれでは自分が物足りないのである。いろいろなプランを試してみたい。

 BookJapanにはさまざまな方が寄稿をしてくださっていて、熱意には本当に頭が下がる。そのうちの一人に、「内容紹介のやり方を見直すやりかた」として以下の提案をしてみたので、ちょっとここでも書いてみようと思います。

・視点を複数設置することはできないか。普通のあらすじ紹介は進行していく事態の中に視点を仮設し、実況中継のような形で推移を記録するか、高い位置に視点を置いて鳥瞰的に物語を眺めるか、のどちらかのプランを選ぶ形で書かれる。では、ピンポイントで違った角度の語りを取り入れるなどして、立体的に物語を紹介していくことは不可能だろうか。もちろん複数の視点が交じることによって読者を混乱させてはいけないが、物語の規模が大きい場合などは、一面的な記述では物足りなく感じることがある。そうした際には複数カメラの採用が許されるのではないか。

・エピソードの紹介をうまく活用できないか。フラクタル構造を持つ小エピソードが挿入されていることが小説では多々ある。そうしたエピソードは物語全体の中で支配的な位置にあるのだから、あらすじよりも優先的に紹介されるべきなのではないか。

・引用を効果的にできないか。登場人物の台詞や、印象に残る情景描写などを抜き書きすることは、物語自身に、自らを語らせることでもある。これを上手く活用し、たとえば文脈の中に、評者の意見-引用-意見といった具合に、地の文と融合した形で埋めこんでいく。そうすることによって物語を近くに引き寄せることが可能なのではないか。

・どういった登場人物が存在するのかを語ることで、物語を紹介できないか。たとえば性格喜劇のような作品の場合、物語の中心に存在する要素はその人物で、彼/彼女の性格が物語の帰趨を支配する。そうした作品の場合はもちろん主人公の紹介なしで書評は成立しないのだが、他の場合にもこの手法は成立するのではないか。一見したところでは単なる脇役にしか思えない登場人物が実は物語のキーマンである、といった小説があった場合、それを見抜くことが書評の鍵になるのではないか。

 などなどと。これですべてではなくて、あくまでいくつかの例にすぎないが、とりあえず今頭に浮かんだ分を書いてみた。こうしたプランを組み合わせることにより、内容紹介が単調になるのを防げるのではないかと思うのである。

|

« (10/21)ブックジャパン主宰者の考える「よい書評」 | Main | (10/25)インタビューで眠り、書評で目覚める »

Comments

I know this if off topic but I'm looking into starting my own weblog and was wondering what all is needed to get set up? I'm assuming having a blog like yours would cost a pretty penny? I'm not very internet smart so I'm not 100% certain. Any tips or advice would be greatly appreciated. Thank you

Posted by: Free Music Downloads | February 28, 2015 at 04:04 AM

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/61260/49811952

Listed below are links to weblogs that reference (10/22)書評のあらすじ紹介って大変なので対策を考えてみた:

« (10/21)ブックジャパン主宰者の考える「よい書評」 | Main | (10/25)インタビューで眠り、書評で目覚める »