« (1/7)ダメ男小説と真夏の読書探偵 | Main | (2/2)丸焼きにしたり弾幕をかいくぐったり »

(1/17)丸焼きストSMの冒険

 しばらく更新をお休みしていたので、今日からまた再開します。どうぞご贔屓に。

 本日のExcite Reviewで「リアル「モンスターハンター」に挑戦! 実録子豚の丸焼き」という記事を上げてもらっているのだけど、読んだ人はいるだろうか。あ、いる。それは毎度ありがとうございます。

 もともと私はアウトドア派でもなんでもないのだけど、不思議と丸焼きの機会にだけは恵まれた。一年に何回も丸焼きをしている人というのも、それほど多くないと思う。周囲に物好きが多……あわわ、知的好奇心の強い人がたくさんいるということですね。

 過去に挑戦した丸焼きはすべて羊だった。今回は羊肉が品切れだったため、初めて子豚を焼いてみたのである。その結果判ったことは、子豚が異常なほどに綺麗な肌をしているという事実だった。本当につるつるで、透き通るような肌をしている。容姿を褒めるときに「子豚のように透き通った白い肌」という表現をしたらたいていの人は快く思わないだろうが、本当に綺麗な肌だったのである。その肌に切れ込みを入れると、中から脂(ラード)が染み出してきて酸化する。すると、一瞬で白かった肌が薄いオレンジ色に変わるのだ。したがって、白い肌の状態は調理前にしか見ることができない。オレンジに染まった後も、上気して色づいた肌を見ているようで、それはそれで興奮するのだが、やはり白い肌の妖しい色気には勝てない。あれ、いつの間にか死肉を見て興奮する話になっているな。

 というわけで丸焼きにし、最後まで食べ尽くしてきました。反省点としては、ハンマーが必要だった。子豚は尾頭つきの状態で到着するので、本当は頭骨を開いて脳味噌まで食べられるのである。しかし、当日はそこまでの準備はなく、珍味を味わい損ねた。次回は絶対に持参しようと思います。

 最後に子豚君(女性かも知れぬ)の勇姿をご紹介致す。肉に火を通すため、解体した後の写真だ。ちょっとグロテスクなので、ご容赦のほどを。

Butawarai







|

« (1/7)ダメ男小説と真夏の読書探偵 | Main | (2/2)丸焼きにしたり弾幕をかいくぐったり »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/61260/50611272

Listed below are links to weblogs that reference (1/17)丸焼きストSMの冒険:

« (1/7)ダメ男小説と真夏の読書探偵 | Main | (2/2)丸焼きにしたり弾幕をかいくぐったり »