« (1/5)つぶやき/さえずりで文学賞を決めるんだって | Main | (1/17)丸焼きストSMの冒険 »

(1/7)ダメ男小説と真夏の読書探偵

 本日のBookjapanの更新は、ライター・石井千湖氏による翻訳者インタビューの第一弾である。インタビューを受けていただいたのは、エマニュエル・ボーヴ『ぼくのともだち』(白水社)などの訳業で知られる渋谷豊氏だ。

「この翻訳家に聞きたい」第1回渋谷豊さんに聞く「どうしてそんなにダメ男小説が好きなんですか?」

 この連載はインタビューではあるが、石井千湖による評論だと私は認識している。つまり、本の宣伝ではなく、インタビューイへの崇拝をあらわにする機会でもなく、批評眼をもって作品に向き合うための手段としてインタビューという手法を選んだということだ。何度も繰り返して書いているように、Bookjapanは特定の作家とも、出版社とも手を組まない。独立を保ちながら立場で本、および出版の文化を評論していくことを目的とするサイトだ。その行為のことを書評と呼び、楽しさを追究していきたいと考えている。石井氏から連載の打診があったとき、このインタビューの目的は完全に私の思惑と合致していると感じた。第一回を読んで、これはおもしろくなると確信した。月曜日に更新される後篇、そして次回のインタビューにもご期待いただきたい。

 もう一つ。翻訳ミステリー大賞シンジケートにて募集していた「真夏の読書探偵」コンクールの結果発表を行った。作家の川端裕人氏、翻訳家の羽田詩津子氏、田口俊樹氏による合評座談会の模様を掲載してある。これも読んでみてください。そして第二回にはぜひご応募を。

第1回「真夏の読書探偵」コンクール結果発表!

|

« (1/5)つぶやき/さえずりで文学賞を決めるんだって | Main | (1/17)丸焼きストSMの冒険 »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/61260/50516756

Listed below are links to weblogs that reference (1/7)ダメ男小説と真夏の読書探偵:

« (1/5)つぶやき/さえずりで文学賞を決めるんだって | Main | (1/17)丸焼きストSMの冒険 »