« (1/17)丸焼きストSMの冒険 | Main | (2/7)twitter文学賞雑感 »

(2/2)丸焼きにしたり弾幕をかいくぐったり

 ここしばらくは意識してウエブ原稿を書くようにしていたのだが、見返してみてあまりの出鱈目さに自分でも笑った。私はなんのライターなんだ。

 まず1月17日にエキサイト・レビューに書いたのが、
「リアル「モンスターハンター」に挑戦! 実録子豚の丸焼き」
 という記事。ここですでに軸がぶれている。
 子羊や子豚を丸焼きにして食べる、というのは私のささやかな趣味なのだが、思い立ってそれを記事にしてみたのだった。ちなみにタイトルをつけたのは私ではなくて編集部だが、文責はすべて私にある。「モンスターハンターは肉を切り身で焼くし、子豚は焼かない」という指摘を受けましたが、そのとおりですね、はい。曖昧なことですいません。

 この丸焼き記は結構な反応があったのだが、その次の1月20日にやはりエキサイト・レビューで発表した、
「あなたが選ぶ「Twitter文学賞 ツイートで選ぶ2010年ホントに面白かった小説」」
 ではそれを上回る手応えを得た。1月31日に投票を終えたtwitter文学賞について豊崎由美氏にインタビューした記事である。トヨザキ社長のほっかむり写真のインパクトも大きかったか。

 しかしこの二つの記事をはるかに上回る反響があったのが、1月25日にWEB本の雑誌に書いた、
「市橋達也『逮捕されるまで』最速レビュー」
 の記事だった。話題の本ということもあるだろうが、原稿を書いて以来ずっと同サイトのランキング1位である。この本の書評をどうして書いたのかということについては、少し沈静化したころに改めて書きたいと思う。

 その直後の1月27日、エキサイト・レビューに、
「「駄目だこいつ・・・早くなんとかしないと・・・」つぶやきシローの初小説『イカと醤油』」
 を寄稿した。芸能人が書いた小説のたぐいは極力目を通すようにしているのだが、これは比較的出来のいい方。しかしtwitterで「感動して泣いた」という感想を書いている人を見たときには首が元に戻らなくなるくらいにひねったものである。泣く本じゃないと思いますけどね。

 本のレビューでは1月28日にWEB本の雑誌で、
怪人作家・平山夢明の新刊二冊
 という記事も書いたのだが、それがアップされた瞬間に「平山夢明が『ダイナー』で大藪春彦賞を受賞」という報が入ってきてびっくりした。別にタイミングを合わせたわけではなくて、候補作になっていることは忘れていたのだ。平山の底知れない人間力のようなものを感じた。

 そして1月31日、エキサイト・レビューに、
「東方、知ってますか? 起源は1996年、超有名同人ゲームを徹底解説!」
 を書いた。実はこれがもっとも書きたかった記事で、エキサイト・レビューとライター契約を結んだのもこのためだった。本懐を遂げた気分である(でもまた書くよ)。これについてもいろいろ批判を受けた(特に、原作ではなくて二次創作を中心の紹介というのは間違っている、というものが多かった)。可能な限り批判には目を通しているので、これについても改めて申し上げたい。ちなみにtwitterで「東方の起源は1996年じゃなくて1988年じゃね?」という主旨のツイートを見つけた。事実誤認をやらかしたかと思い、その発言をよく読んでみたら……「東方見文録」のことだった。ね・た・か。どきっとしたじゃないか。

 現時点で最新の原稿は2月1日にエキサイト・レビューに上げた、
起きたら全裸で鎖につながれているんだが!? 粘膜作家のイヤ~な世界
 である。飴村行『爛れた闇の帝国』の書評で、間もなく作家本人に敢行したインタビューの原稿もアップされる予定だ。

 そんなわけで、軸がどこにあるのか最早判然としないほどである。好きなもの、関心を抱いたものについてそのまま原稿にしただけだ。脊髄反射のレビュワーだと我ながら思う。しかし今年は、この脊髄反射でやっていくつもりなのだ。昨年で厄年も終わったし、不惑を過ぎてそろそろ落ち着かなければいけない年齢なんだけど、脳内はまだまだ幼稚なままだ。無理に背伸びをするよりは、しばらく目の前に見えるものだけを追って駆けずり回ってみようと思う。しかたないじゃない、ライターだもの。








|

« (1/17)丸焼きストSMの冒険 | Main | (2/7)twitter文学賞雑感 »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/61260/50755131

Listed below are links to weblogs that reference (2/2)丸焼きにしたり弾幕をかいくぐったり:

« (1/17)丸焼きストSMの冒険 | Main | (2/7)twitter文学賞雑感 »