« 【落語会報告】20160727根津特選落語会・おいしいらくご台所 | Main

【落語会報告】20160727根津特選落語会・立川流兄弟会

102681742

 7月27日の落語会夜の部は、第一回立川流兄弟会である。もともと根津特選落語会という企画自体が、故・立川談志が晩年をこの地で過ごしたことから生まれたものだった。せっかく立川流と深い縁があるというのに、現在は落語会が行われていない。それはあまりにももったいないということから、根津にもう一度落語会の文化を根付かせたいという希望が出て、ちょっとしたご縁から私にお声がかかった次第である。

 本来は立川流高弟3名、土橋亭里う馬、立川左談次、立川談四楼の3師が出演の予定だったのだが、直前になって左談次師が検査入院されたため、二人会の形になった。

 以下は演目。

 一、元犬 只四楼
 一、権助魚 里う馬
 一、ぼんぼん唄 談四楼

 仲入り

 一、対談「あのころの談志一門」 里う馬・談四楼
 一、へっつい幽霊 里う馬

 この日のお客様はほどがよく、おそらくは演者にとって最もやりやすい雰囲気だったのではないかと思う。何を言っても笑うような感じではなく、勘所をわきまえたところでどっと受ける感じ。第二回以降もぜひお越しいただきたいものだ、と会場の隅で密かに思った。

 ぼんぼん唄は珍しい噺だが談四楼落語夏の定番で、地元のお客様へのサービスだろうか。後半、女房が子供を返すのはいやだとごねるところなどに、濃い情が感じられた。へっつい幽霊は三代目三木助を彷彿とさせる型で「塀越しの話だから間違ってたらごめんなさいよ」と熊が入ってくるところなどはぞくりとするような凄みがあってよかった。権助魚は、権助の山だしの言葉がたまらなく笑いを誘う演出である。

 トークの内容については、今のところ会場にいらっしゃった方だけのお楽しみということで一つ。いずれ回を重ねてまとまってきたら、別の展開も考えたいと思う。

 次回は会場・演者などの手配がうまくつけば11月開催の予定である。どうぞご期待ください。

|

« 【落語会報告】20160727根津特選落語会・おいしいらくご台所 | Main

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/61260/63982918

Listed below are links to weblogs that reference 【落語会報告】20160727根津特選落語会・立川流兄弟会:

« 【落語会報告】20160727根津特選落語会・おいしいらくご台所 | Main