5/11(日)第11回博麗神社例大祭にて『東方同人誌マストリード100の・ようなもの』頒布します。

 サークル「腋巫女愛」の最初の同人誌、なんとか印刷は間に合う見込みです。
 私が読んだ東方同人誌のうち100冊をお薦めする、極私的書評集『東方同人誌マストリード100 の・ようなもの』、サークルブースの位置は「に35a」ですのでお立ち寄りください。

 版型は文庫で、会場定価800円にてお願いしております。
 表紙イラストは赤色バニラのくまさんに描いていただきました。くまさん、ありがとうございます!

Cover


| | Comments (805) | TrackBack (0)

博麗神社例大祭にサークル「腋巫女愛」で出展します

 今日のエントリーは、関心のない方にはまったくなんのことだかわからないのではないかと思います。
 その場合はどうか無視してやってください。お騒がせしてすみません。

 さて、標記のとおりです。
 5月11日(日)、東京ビックサイト東ホールで開催される「博麗神社例大祭11」に個人サークルとして参加します。
 サークル配置は「に35a」です。

 このことは以前にも書きましたが、当選通知が来たので改めて告知させてください。

 出展するのは完全な新原稿の本で、『東方同人誌マストリード100・のようなもの(仮)』といいます。

 題名からお察しいただけると思いますが、ここ数年で収集し、読んだ東方同人誌の中から100点を選び、お薦めする書評集です。「のようなもの」をタイトルにつけるのは、私が東方同人界隈に足を踏み入れたのはここ5年ぐらいの新参者であり、山ほど刊行される同人出版物をすべて読んでいるわけではないからです。『海外ミステリーマストリード100』のときには「これが自分の専門分野である」との自負がありましたが、今回はさすがに気が引けました。あくまで「杉江松恋にとっての」という意味での「マストリード100」なのだとご理解ください。
 また、今回は東方創想話、すなわち小説形式での同人作品については触れないことにしました。まだ数をそれほど読んでいないため、サブジャンル全体を見送ったほうがいいのではないかという結論に達したためです。もし同人活動を続けていけるようならば、そのときにまた考えてみたいと思います。

 私をこの世界に誘ってくれた素敵な二次創作の数々をご紹介することで、自分がなぜ幻想郷で遊ぶことを好むのかをみなさんにお伝えしたい。それが今回の同人誌を作る第一の理由です。したがって、もちろん東方Projectファンのみなさんには読んでいただきたいのですが、それ以外、たとえばニコニコなどでたまに動画を見る程度だけど関心はないでもない、という方にもぜひお手に取っていただければと考えています。

 自分の原稿執筆や印刷所との契約、諸方面への連絡など、これからやらなければならないことは多く、忙しくなりそうです。ご迷惑をかけないようにがんばりますので、どうぞよしなに願います。


 
269x378


| | Comments (15) | TrackBack (0)

来年の5月11日は空けといてください

 先ほど申し込みを完了したのですが、来年5月11日(日)に開催される、第11回博麗神社例大祭に、サークル参加しようと考えています。さっき申し込み手続きをして、8500円を振り込みました。

 このブログをお読みの方の中には「へ、博麗神社例大祭とはなんじゃいな」という方もいらっしゃるでしょうが、その場合は以下をご覧になってください。

 東方、知ってますか? 起源は1996年、超有名同人ゲームを徹底解説!

 東方Projectオンリーイベント、博麗神社例大祭に初参加してきた

 以前にも同人誌を作ってコミケット参加などをしたことがありますが、個人誌を作るのはまったく初めてなので、緊張しております。というか間に合うのかという話ですが、さすがに半年近く準備期間があるから大丈夫でしょう。いつもそう言ってのんきに構えていて、直前に修羅場を見ることになるわけですが。

 私生活では子供が高校受験をむかえるなど相変わらずせわしない毎日を送っておりますが、今後ともよろしくお願い申し上げます。

 ちなみに、サークル名は「腋巫女愛」です。「わきみこラブ」と読んでほしいんだな、これが。
Wakimiko


| | Comments (60) | TrackBack (0)